自賠責保険の概要

保険の運営には国が大きく関わっている

一般的に自動車保険を比較するときは任意保険を指し、自賠責保険をどの損保会社から入るかの比較はしません。それはどの損保会社から加入しても保険料が同じで、補償内容も同じだからです。一応損保会社の窓口を通して加入手続きをし保険金の請求も行えますが、実際に運営しているのはその損保会社ではありません。運営に関しては国が大きく関わっていて、保険金の支払いがあるときは国土交通大臣及び金融庁長官が定めた支払い基準で行われます。自賠責保険は一般的な人身損害賠償だけでなく無保険車による事故によって損害賠償が受けられない人に対する救済事業も行っています。あくまでも立て替えをする事業で、加害者が分かれば後日加害者へ請求を行います。

どんな時に誰に給付がされるか

自動車やバイクを保有するときは必ず自賠責に加入しなければいけません。強制加入なので条件に該当すればすべての人が加入しなければいけませんが、どんな時に誰に対して給付がされるか知らない人もいるでしょう。支払われるのは交通事故が発生したときで、被害者に過失があったとしても過失割合が70パーセント未満であれば減額されずに給付が受けられます。過失割合が100パーセントになって初めて支払い無しとなります。誰に給付されるかは被害者に対してであり、自分自身への保険金支払いはありません。記名被保険者が事故によって亡くなったりけがをしたとしても、自分自身の保険から給付されたりはしません。加害者がいれば加害者の自賠責から支払われ、自損事故なら支払いはありません。