自賠責保険のデメリット

けがをしたとき請求できる金額があまり多くない

自動車を所有している人は、自賠責保険に加入するのが義務になっています。そのため、交通事故などが発生した場合でも被害者は相手が自賠責保険に入っているためその分の請求をすることができるでしょう。ただ、自賠責保険にもデメリットがあり、交通事故により体に傷がついてしまった場合には最大で120万円までしか請求することができないことです。それ以上請求する場合には、加害者負担になりますので運転している本人に請求することになります。ちなみに、体に傷を負ったとしても後遺障害の場合は120万円以上請求できることがあります。ちなみに後遺障害といっても様々な種類がありますが、例を挙げるとすれば手足の欠損や顔の大きな傷、あるいは治ることのないむち打ちの痛みがこれに該当するでしょう。

死亡事故の場合にはもらえる金額が少ない

交通事故も、運が良ければ軽い怪我だけで済みますが、運が悪いと後遺障害や死亡する場合も考えられます。後遺障害や死亡してしまった場合には自賠責保険の補償される内容は3000万円になります。一見金額が多そうですが、死亡事故の場合には通常1億円ぐらい請求することになるため3000万円では足らないと考えてよいでしょう。不足している分に関しては、加害者本人が出すことになりますが加害者本人は刑務所に入っており支払うことはできません。また、仮に加害者の親族支払うことができたとしても数千万円の請求をした場合すべて支払える人はごくまれでしょう。このように、いくら保険といえども自賠責保険では限界がありますので、任意保険に加入しておくと自賠責保険の欠点を補うことができます。