任意保険の概要

自動車保険の任意保険とは?

自動車保険の種類に強制保険と任意保険の二種類があります。強制保険は自賠責保険のことで、法律では加入することが義務付けられています。任意保険はその名の通り保険に入ることを自由に決めることができ、必ず加入しなければならないものではありません。ですが万が一大きな事故などを起こしてしまった場合、任意保険に加入していれば手厚い補償が受けられるのです。自賠責保険では賄えない部分をカバーしてくれたり、賠償金の自己負担分を軽くしてくれるケースもあります。

また自賠責保険では他人の車に被害を加えてしまったときの損害分や自分の怪我は対象外になりますが、任意保険によっては様々な損害に対応してくれるので安心感があります。

どんなコースがある?

任意保険を提供しているのは共済や保険会社で、提供している会社や商品によっては受けられる補償内容が違ってきます。例えば人身傷害の補償や搭乗者傷害特約、対人賠償責任補償や車両保険など色々なコースがあるのです。このような補償内容から一つ選んだり、複数を掛け合わせて補償が受けられるように出来ます。

人身傷害の補償では、事故にあったときに自分の過失の有無に限らずに保険金が受け取れるプランです。契約中の車に乗っていたときに起きた事故であったり、運転中の接触事故などにも対応しています。搭乗者傷害特約では運転手本人やその同乗者が怪我をしたり、死亡してしまったときにお金が受け取れます。

対人賠償責任保険は相手を死傷させてしまい、損害賠償金が自賠責保険では賄えないきれないときに差額が支給されるものです。車両保険は衝突や接触、転覆や盗難などで契約中の車に損害が生じたときにお金が払われます。